PROFILE

髙橋真樹(たかはしまさき)

ノンフィクションライター
放送大学非常勤講師

1973年、東京・多摩地域生まれ。1996年、早稲田大学在学中に国際NGOと出会い、世界をめぐることに。以降、NGO職員として世界約70ヶ国を訪れ、主に災害支援、難民支援、核兵器廃絶、国際協力、平和教育などの分野で活動する。2002年に出版した初の単著『イスラエル・パレスチナ平和への架け橋』では、第8回平和・協同ジャーナリスト基金奨励賞を受賞。

2010年、フリーのノンフィクションライターとして独立。「持続可能な社会」をテーマに、国内外をめぐり、取材、執筆、講演活動を続けている。また2017年には、取材の過程で知った世界トップレベルのエコハウスで暮らし始め、その体験をブログ「高橋さんちのKOEDO低燃費生活」で執筆中。2018年に公開された自然エネルギーによるまちづくりを描いたドキュメンタリー映画『おだやかな革命』(渡辺智史監督)では、アドバイザーを務めた。

近年の取材テーマはSDGs、気候変動を含む環境・エネルギー問題、まちづくり、難民、災害、貧困、核問題、国際情勢など幅広い。激動する社会的テーマを、国際的な視点からわかりやすく、かつ深く、自分ごととして理解してもらえるよう伝えることをモットーとしている。

趣味はプロ野球・広島カープの応援、カフェめぐり、ピラティスなど。

これまで執筆および記事の監修をした媒体の一部

「朝日新聞be」(監修)、「東京新聞」(連載)、『暮らしの手帖』(監修)、『季刊 住む。』(泰文館)、『世界』(岩波書店)、『週刊SPA』『¥SPA』(扶桑社)、『生活と自治』(連載/生活クラブ連合会)、『ソーラージャーナル』(アクセスインターナショナル)、『だん』(連載/新建新聞社・新建ハウジング)、『月刊ガバナンス』(ぎょうせい)、『月刊地方議会人』(全国町村議会議長会)ほか多数。WEBメディアでは、「働きたくなるオフィス大全」(日経BP社)、「グリーンズ」、「FRIDAYデジタル」、「オルタナ」、「ハーバービジネスオンライン」 ほか多数。

取材を受けた媒体および紹介された媒体

「通販生活 カタログハウス」、「TBSラジオ 荻上チキのSession22」、「文化放送 大村正樹のサイエンスキッズ」、「NBC長崎放送」、「朝日新聞」、「毎日新聞」、「東京新聞」、「神奈川新聞」、「河北新報」、「グリーンズ」、「台湾今週刊」(台湾メディア)ほか多数。